ロゴ

KSLF型(オープンロータリー) 発酵機

横から原料を投入出来るのが最大の特徴

KSLF型発酵機(オープンロータリー)は、ピットが一つのみ(片側のみ)のため、横から原料を投入出来るのが最大の特徴です。横から投入出来るため、任意の場所に任意の量だけ原料を投入・処理することが可能となります。よって、数日おき・数週間おきにしか集糞しない農場などにお勧めです。

製品の特徴

往復処理型発酵機

原料をピット横から任意の場所に任意の量だけ投入します。 機械が原料を往復撹拌します。原料は動かず同じ場所に留まります。 醗酵処理が完了した場所から最終製品を取り出します。

この製品について問い合わせる

仕様

仕様

KSLF型発酵機(オープンロータリー)は、ピットが一つのみ(片側のみ)のため、横から原料を投入出来るのが最大の特徴です。横から投入出来るため、任意の場所に任意の量だけ原料を投入・処理することが可能となります。よって、数日おき・数週間おきにしか集糞しない農場などにお勧めです。 お客様のご要望・ニーズに合わせた処理能力で機種を製造することが出来ます。 なお一次発酵槽である程度処理した原料をKSLF型で完成処理するなど、一次発酵槽との併用も大変お勧めです。(一次発酵槽に関する詳細はこちらへ➔一次発酵槽) 往復処理型発酵機 原料をピット横から任意の場所に任意の量だけ投入します。 機械が原料を往復撹拌します。原料は動かず同じ場所に留まります。 醗酵処理が完了した場所から最終製品を取り出します。

関連商品

事例紹介

発酵機 に関連する事例を見る
この製品について問い合わせる
製品一覧へ戻る